愛知県、名古屋 おさかな3D 魚類剥製工房の東海釣魚堂です。思い出や記念に残したいお魚を、インテリア剥製としてリアルによみがえらせることができます。完成品も販売しております。店舗ディスプレイ等に是非ご検討ください。

剥製にするお魚の送り方

剥製にしたいメモリアルフィッシュが釣れたら

お取り次ぎ店等で入手されたチラシでのお申込み

魚は、たたいたり、ナイフ等で〆たりしないこと。
もちろん、腹もエラも取りません。

そのまましばらく放置します。ビクに入れたり、クーラーに入れてもよいです。

魚を窒息死させるのが目的です。
また、濡れタオルでくるむのは、他の魚や氷に直接触れたり、暴れたときのキズや変色、乾燥を防ぐためです。
タオルの上からビニール袋をかぶせてもよいです。

釣が終わったら

「現地から直接送る」、「取り次ぎ店に持ち込む」、「家に帰ってから送る」、「工房へ持ち込みする」このいずれかを決めましょう。

○「現地から直接送る」
梱包が出来るかがポイントとなります。近くに運送店があれば、ダンボール等は販売しています。
お勧めの運送店は、クロネコヤマト宅急便か、ヤマト便です。
クールの冷凍便が可能ならダンボール梱包でお願いします。
大きさ的に不可の場合は、スチロール箱やお手持ちのクーラーに、保冷剤を入れての発送となります。
お近くの運送店を確認してください。(コンビニ等の取次店は、お勧めしません。集荷までの保管に問題のあることが多く、腐敗の原因となります。)
※送る前に弊社まで、お電話ください。送り状には、連絡の取れる電話番号を必ずお書きください。
※クーラーなどで送られた場合、クーラーの返送運賃は着払いとなります。
※剥製用の魚のみを送ってください、同送された生ものは、衛生上、返送できません。
○「取り次ぎ店に持ち込む」
当サイトにて、持込み可能な取次店をご確認ください。
送り方や運賃などは、取り次ぎ店にてご確認ください。

発送手順は、下記をご参考ください。

お魚の保護・発送手順の解説

ステップ1

すぐに包みましょう
guide_step1.jpg

魚は、タオル、キッチンペーパ、新聞紙などで包みます。
ヒレは、魚体に密着させて、折らないように注意して包みます。

ステップ2

包み終わった状態
guide_step2.jpg

このような状態にします。
むき出しの所がないように、完全に包んでください。

ステップ3

すぐに水で浸しましょう
guide_step3.jpg

たっぷり水を含ませて、びしょびょにします。
釣り場では、この状態にしてびくやクーラーに入れておきましょう。
さらに、ビニール袋に入れておくと魚が暴れても包みから飛び出しません。
さあ、楽しいフィッシングを続けましょう。

ステップ4

釣が終わったら
guide_step4.jpg

ビニール袋にいれて、空気を抜き包みます。
持ち帰って、一時的に冷凍する場合は、この状態で冷凍してください。
水分が多いので、冷凍焼け、乾燥を防ぎます。
エラや腹わたは、取らないでください。
冷凍せずに現地から直送する場合も、この状態にしてください

絶対にしないで!!

魚を直接ビニール袋にいれたり、ラップで包んだりしないでください。
ビニールやラップなど保水性のないもの、通気性のないものでくるみますとまだらに変色いたします。

ステップ5

水漏れ予防
guide_step5.jpg

梱包前に、もう一度ピニール袋にいれて水漏れを予防しましょう。
空気を出してテープで留めます。

ステップ6

箱入れ
guide_step6.jpg

ダンボール箱に入れて、魚が動かないように新聞紙をまるめた緩衝材を隙間にいれます。
動かないようにぎっしりと詰めましょう。
緩衝材が少ないと、運送中の衝撃で、尾鰭など破損する場合があります。
タ゛ンボールに入れて送る場合は、魚は、冷凍されていても生のままでもかまいません。運送中に冷凍されます。

生(冷凍しない)の状態で発送するときの注意

生の場合、運送便が引き取るまでの間に腐敗する恐れがありますので、ご注意ください。
冷凍便の集荷を頼むか、直接運送店に持ち込みされるのがよいと思います。
集荷までに長時間放置すると腐敗いたしますのでご注意ください。持ち込みの場合は、すぐに冷凍保管庫に入れていただくよう運送店にお願いしましょう。
詳しくは、お近くの運送店で、ご確認ください。コンビニ等の運送取次は要注意です。お勧めしません。)

スチロール製のトロ箱やクーラーを利用される場合の注意

guide_attention.jpg

冷凍しないで(生)、スチロール製のトロ箱やクーラーを利用して送られる場合、必ず氷や保冷剤を十分詰めて、水漏れ防止の上の発送をお願いします。
保冷剤等がないと、冷凍便で送られても、スチロールがじゃまをして、中身は冷えません。
保冷剤を入れた後の隙間は、氷や新聞紙で魚が動かないよう固定しましょう。
冷凍した魚の場合は、ダンボール箱と同様に、中に緩衝材を入れて、発送ください。
袋状のパックに詰めての発送は、やめてください。
魚は、なるべく曲げないでください。まっすぐの状態で梱包ください。

参考:冷凍クール便取扱可能な宅配便業者

クロネコヤマト クール宅急便 -15℃
kuronekoyamato.pngkuronekoyamato.png

「クール宅急便」 をクリック、冷凍専用をご利用ください。
(冷蔵は、不可です。ご注意ください)
「集荷を依頼する」 をクリック、クロネコヤマト 集荷受付ご案内が表示されます。
釣場からお電話によるお問い合わせは
フリーダイアル 0120-01-9625 ※注)固定電話専用ダイヤルです。
釣場近くのサービスセンターにつながります。
受付時間 am8:00~pm9:00
携帯電話、PHSの場合は、地区別のフリーダイアルとなります。
事前にサイトにてダイヤル番号を確認ください。サービスセンター一覧

厳守

ダンボール梱包の場合は、必ず、冷凍クール便(冷凍指定)にて送ってください。
トロ箱、クーラー等の場合は、必ず、十分な保冷剤を入れてお送りください。
運賃は、お客さまにてご負担ください。(元払い)